青森

【青森】安室ちゃんも訪問!青森ねぶたを体感できる「ねぶたの家ワ・ラッセ」に行ってきました

こんにちは、ゆんゆんです!
今年の夏休みは私の地元の青森県へ娘と行ってきました。日本を代表する火祭り「青森ねぶた祭」に合わせて帰省し、夏の青森を堪能してきました!
ねぶたに関する記事やおすすめスポットなど、順次更新していくのでお楽しみください。
今回は青森ねぶたミュージアム「ねぶたの家ワ・ラッセ」について写真を交えて紹介していきたいと思います。

ねぶたの家ワ・ラッセの基本情報

この記事はこんな人におすすめ

・ねぶたを間近で見てみたい人
・ねぶた祭に出る予定の人
・青森駅周辺で時間を潰したい人
・子どもに祭の体験をさせたい人

ねぶたの家ワ・ラッセは2011年1月に開館した施設です。
こちらの施設では季節関係なく過去のねぶたの展示を見ることができたり、ねぶたの歴史について触れることができます。
2016年にはあの安室奈美恵さんも訪れた観光スポットでもあります。
今回私たち親子が訪れたのは青森ねぶた夜の部最終日の8月6日。青森市が一年で一番盛り上がる日に訪問しました。

ゆんゆん
ゆんゆん
観光客も多かったけど、子連れでもゆっくりできて素晴らしい施設でした!

交通アクセス

MAP

所在地

青森県青森市安方1丁目1−1

アクセス

◆JR青森駅から徒歩1分

◆JR青森駅まで
・青森空港からバスで40分
・新青森駅からタクシーで5分程度 電車で6分
・青森港フェリーターミナルからバスで約20分
・青森中央インターから車で15分

ゆんゆん
ゆんゆん
立地抜群!周辺に観光スポットも多いですよ!

営業時間

ねぶたミュージアム・ホール 5月〜8月 AM9:00〜PM7:00   9月〜4月 AM9:00〜PM6:00
ショップアイモリー 5月〜8月 AM9:00〜PM7:30   9月〜4月 AM9:00〜PM6:30
食事処魚っ喰いの田 5月〜8月 AM11:00〜PM8:00   9月〜4月 AM11:00〜PM7:00

全館休館日:8月9日、8月10日

青森ねぶたは毎年8月7日が最終日です。8月9日、8月10日は展示ねぶた総入れ替えのため休館日となっております。

料金

大人 620円
高校生 460円
小・中学生 260円

クレジットカード、電子マネー等利用できます。利用当日に限り再入場も可能

館内をご紹介!

エントランスホール(1階)

訪問時はちょうどねぶた祭り期間だったためかお土産コーナーが充実していました。試食のブースも多め。青森県産りんごジュースなどの対面販売などもありました。奥にはショップがありたくさんのお土産が揃っています。ねぶたグッズも多め。

スロープ(2階)

こちらは2階有料エリアのスロープゾーン。青森ねぶたの歴史についてパネル展示があったり天井には金魚ねぶたが吊るされていたり。
安室奈美恵さんもこちらの金魚ねぶたを見上げていましたね。

ロビー(2階)


こちらは無料ゾーンのロビー。どなたでも休憩することができます。
ねぶたの跳人(ねぶた祭りに参加する人)も多くいて、座って休憩していました。

ねぶたホール


こちらのねぶたホールがワ・ラッセのメインであり、過去に出陣したねぶたが所狭しと展示されています。ねぶたホールの照明は暗めなので祭本番のような雰囲気を味わうことができます。

ベンチも多く設置されているのでゆっくり休みながら見学することができます。


ねぶたの製作者についても詳しく紹介されています。


花笠を被って記念撮影もできる!


実際のねぶたに触れるコーナーもありました。子どもも興味津々です。


実際のねぶたを下から覗けるコーナーもあります。ねぶたの中の構造はこうなっているんですね!予想以上に手間が掛かっていることがわかります。

ねぶたゾーン 特設ステージ


ねぶたゾーンのステージではワ・ラッセのスタッフによる囃子の演奏があったり、実際に祭りに参加している囃子団体がねぶた囃子を演奏してくれます。迫力ある演奏を間近で聴くことができ、感動そのものでした。この後に行くねぶた祭りがますます楽しみになりました。日によって催事が変わるので公式ホームページをチェックしてみてくださいね。実際に太鼓を叩くなどの体験もできます。

まとめ


以上、「ねぶたの家ワ・ラッセ」についての紹介記事でした。
今回は時間があまりなく滞在時間は1時間半ほどでしたが、時間があればもっとじっくり見たいくらい魅力溢れた場所でした。
利用当日に限り再入場も可能ですので大変使い勝手がいい施設だと思います。
このあとねぶた祭に参加するであろう跳人の姿も多く見られました。無料の休憩スペースも多いので、他県からねぶた祭に参加する方の待機場所としてもおすすめです。
青森出身の私でも大変満足しましたし、より一層ねぶたという祭を誇らしく思えた場所でした。

ゆんゆん
ゆんゆん
青森に行ったら是非行ってみて下さいね!